読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強く見せる人、弱く見せる人

f:id:keeley_dm:20160315130538j:image

人間は誰でも自分の理想のプレイヤー像を持っており、無意識的にそれに近づこうとする傾向があります。

例えば、マナーがいいとか、プレイが迅速かつ正確であるといった感じですね。

今日のエントリーでは実際の実力よりも強そうに見えてしまう人、弱そうにみえてしまう人についてつらつらと書こうと思います。

それぞれの特徴

まずそれぞれ、どの様な特徴があるかを書き出していきます。
自分がどちらの特徴により当てはまるか、どちらの傾向に近いか考えてみて下さい。

強く見える人の特徴
  • 主張が強く、自分の発言を簡単には曲げない
  • ロジックに基づいた話をする
  • 有益な情報だけを発信する
  • 結果にこだわる
  • 引きが悪いとよくいわれる
  • カードさばきが上手い
  • 肉が好き

弱く見える人の特徴
  • 自分の発言を簡単に覆す
  • わかる、それなを多用し、共感を多く示す
  • メタゲームに関係しない雑多な情報を多く流す
  • 結果にこだわらない
  • 引きがいいとよく言われる
  • カードの扱いが下手
  • ラーメンが好き

どちらに当てまりましたか?
自分では知らない自分というものが必ずあるので、自分ではよくわからないという人は親しいプレイヤーに聞いてみましょう。
詳しく知りたい人はジョセフの窓でググろう。


強く見える人のメリット、デメリット

では、自分の実力以上の過大評価を受けている人のメリット、デメリットをかんがえてみましょう。

メリット
  • 一目置かれやすいので自分より強いコミュニティに所属し易かったり、強い人とコネクションを持ちやすい
  • それにより、多くの情報や経験が得られ、成長が早い
  • 相手にプレッシャーをかけやすい
デメリット
  • 周りの話についていけなくなる時がある
  • 周囲や自分が思っているほど勝てないため、負けた時に敗北感や焦りが生じやすい
  • 不用意な発言が出来ないので、柔軟な発想がしにくい。糾弾されやすい

弱く見える人のメリット、デメリット

次に過小評価を受けるプレイヤーについて

メリット
  • 負けて元々というスタンスなので非常にリラックスした状態で試合に臨める
  • 自分よりレベルの低いプレイヤーと迎合しやすく、コミュニティのリーダーになりやすい
  • 意見を変えやすく、柔軟な対応を取ることができる

デメリット

  • 実力が同じでも軽視されやすい
  • 現状に満足してる節があるので伸び悩む
  • 勝った時にマグレだと思われる


どちらの方が良い、悪いとは一概に言えませんが、自分がどちらに見られる傾向があるのかを把握し、どの様に他のプレイヤーに見られているかを意識してみると視野が広がる可能性があります。
ツイッターでアンケートを取るのも面白いかも知れませんね。

追記

俺は肉もラーメンも好きだ。