読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンデスの順序について

f:id:keeley_dm:20160220011147j:image
皆さんご存知かと思うがハンデスには3種類ある。

ゴーストタッチに代表されるランダムハンデス
バレルのような任意ハンデス
解体のようなピーピングハンデス
この3つだ。

上級プレイヤーの方は実践されていると思うが今までハンデスを触った事がない方に向けて有効なハンデスの順序を明記するのがこのエントリーだ。

まず1枚だけ切る場合は

ピーピング>ランダム>任意

の順で強い。

これは小学生でも知っている。
今日の本論は2枚以上ハンデスを切る時の有効な順序だ。

case1.相手のハンドが2枚の時

これは簡単である。
結論から言えばピーピング>ランダム>任意の順できれば良い。相手のハンドに有効札が残った時は迷わず全ハンデスしてしまおう。
コッチの残り一枚のハンデスが任意の場合もキープではなく全ハンデスが基本となる。
ピーピング、ランダムのプランは覗いた1枚が死札であれば、言うまでもなくランダムは取っておくプランもあり得る。
ランダム、ランダムでハンデスしていくプランも同様に一枚切って、残り一枚が公開情報で尚且つ死札であるならば2枚目を温存する可能性がある。

case2.相手のハンドが3枚以上の時

組み合わせは3通りだ。

ランダム、ピーピング
ピーピング、任意
ランダム、任意

ここから各場合にスポットライトを当ててみていく。

ランダム、ピーピングについて
ランダムを温存出来る場合があるのでピーピングから入りたいところではある。
しかし相手が4枚中2枚有効札を持っていると仮定すると
ピーピング→ランダムの場合
2枚とも抜き去る確率は1/3
ランダム→ピーピングの場合
2枚とも抜き去る確率は1/2である。
つまりこのケースの場合はランダム→ピーピングが正解となる。

ピーピング、任意について
これは基本の定理に基づいてピーピングから入るのが正解

任意、ランダムについて
4枚中1枚が有効な札だと仮定すると
ランダム→任意だと有効札を抜きされるのは1/4
任意→ランダムだと抜き去れるのは1/3
任意→ランダムが正解

まとめ

基本はピーピング>ランダム>任意

3枚以上の時は例外として
任意→ランダム→ピーピング→任意

追記

ハンデスの順序とかどーでもよくね?