読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デッキを作るという作業

f:id:keeley_dm:20160311010130j:image
私は弱小ビルダーなのだが、それでも私が経験してきたことが少しでも、これからビルダーとしての一歩を歩んでみたいという人の一助になると信じて今回筆を取った次第である。

今日お話しする内容は環境に合わせた勝てるビルディングでは無い。
もっと広義的で根本的な話をして行こうと思う。

そもそもビルダーの道は極めきるということは決して無い。
tcgは有限情報ゲームであるが、ことデュエルマスターズはカード間のシナジー要素が多様でカードプールも比較的早いペースで追加されていく。
他のカードゲームと比べてもビルディングの奥深さをより深く感じる事が出来る。

プレイヤーとして極めるのであれば今その場で握っているデッキの100%をその一点で叩き出せばいい。

チューナーとして極めるのであれば、参加トーナメントの環境分布の予想を的中させ、大会が終わって実際の環境分布が割れた後も同じデッキタイプ、同じリストで出ただろうと結論付けられれば、そのシーズンではベストチューナーと言えよう。

では、ビルダーにとってベストとはなんだ?最良とはなんだ?

そんなものは幻想だ

クソデッキを一切作らないのが最高のビルダーか?
お題のカードでデッキを素早く組めるのが最高のビルダーか?
いずれも甚だ疑問である。
もし、いるとすればそれは全知全能の神さまただ一人なのだろう。

我々は人だ。神にはなれない。
だけど、最高にはなれなくても、より良い方へ進むことは出来る。
ビルダーが目指すのは、ベストではなくベターだ。

ではどうやったらベターなビルダーに、昨日よりも一歩進んだ自分に慣れるだろうか?

そこでビルダーとしての評価項目を幾つか挙げてみる。
これらを伸ばせばベターなビルダーに近付けるのではないかと思う。

作成速度を上げる

初めから完成度のデッキを組み上げるのは至難の技だ。しかも、それはビルダーとして中々評価されない項目だ。
なぜなら、試行錯誤の上に完成度の高いデッキを作成すれば良いからである。

ならば、不完全な形でも良いので48枚のリストを手早く作成できる事がビルダーとしての評価項目になるのではないか?
形にして、トライアンドエラーを繰り返し、崩して、また形にする。
一週間に1つ、3日に1つ、1日に1つと作成速度を上げ、出来るなら記録しよう。
それは君オリジナルのネタ帳のようなものだ。
君の所属するコミュニティに投げるのも良いだろう。


カードの知識を蓄える

カード単体の情報を知らないと柔軟な発想は出てこない。
デッキとは言うなれば、カードの組み合わせで構成されている。
古いカードにはシンプルながら強力な効果を持つカードもある。ただし、バニラまで全てを暗記する必要はない。他のカードにない固有の動きが出来るものに関してはリストアップするか手元に置いておく事をお勧めする。今現在使われていなくても、新しく追加されるカードと異様なシナジーを発揮する事が多々あるからだ。

また、新しいカードなどは常にチェックしておくものだ。
新しいカードの情報を手に入れるスタート地点はみんな一緒だ。ここに経験の差はない。若いビルダーでも革新的なデッキを生み出す事チャンスがあるのだから、好奇心で目を光らせておこう。

多くのコンボやシナジーを引き出しとして持っておく

既存のデッキからも学べることはたくさんある。
全く新しいアイデアというものは、あまり存在しない。
今までの戦術のパワーアップ版であったり、複数のデッキを分解して、1つのデッキに再編成されたものが非常に多い。

特に環境に上がったデッキに組み込まれてるコンボは手を替え品を替え、何度も目にすることになる。
良いビルダーとは数多の引き出しを持ってるものである。


最後にデッキ作成のコツを伝授したいと思う。
それは、人に絶対に相談するなという事だ。
ビルディングは孤独な作業だ。

デッキを作る時はね、誰にも邪魔されず 自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで・・・

と何処かのグルメリポーターも言っていた。
デッキはあくまで個人の思想だ。エゴだ。そこを吐き間違えてはいけない。

かと言って全く人の話を聞くなというわけではない。
人の意見を聞いてそれ良いなと思ったら自分もそう言う意見だと言ってデッキに組み込もう。
完成系のリストを渡して意見を聞くのも良いだろう。客観的に良いところ、悪いところ、改良案を出してくれる。

ただ、一緒にデッキを作ろうぜ!と言うのは間違ってもオススメしない。
そもそも形になり辛い。
自分の納得のいかないものが、自分のデッキに入っているのは気持ち悪いし、最早それは主義思想のないクソデッキ以下のただの紙束だ。


何も伝えられなかったかもしれないがこれが一助になれば幸いだ。
何か感じていただけただろうか?

よろしい!!ならば皆の衆クソデッキを作れ!!それは恥じるべきものではなく、ビルダーの勲章だ。
f:id:keeley_dm:20160311010317j:image

追記

俺は神になりたかった。
もちろん、今だって神になりたい。
神になって全てのカードを把握していたいし、神デッキからクソデッキまで全てのレシピを組んで全てを知りたかった。
でもそんな事を口走ったら危険思想の持ち主だと思われるので絶対に口には出さない。
それが人間というものだ。