読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローグのススメ

f:id:keeley_dm:20160221141142j:image
皆さんは大会の調整の段階で環境に存在しない地雷デッキを回されてイラッとした事は無いだろうか?
それは正しい。地雷デッキなんかそもそも母数として存在しない以上練習する意味はほぼ無いからだ。

だけど待って欲しい、その言い分が通るのは、それがあなたの為の調整会であった時だけだ。
今日は地雷(Rogue Deck)を握るプレイヤーの立場になって話してみようと思う。

ローグを使用する理由とは

そも環境に存在するデッキ、つまりトップメタだけの中から最適なデッキを選択したとしても唯一有利がつかないデッキが存在する。
それがミラーだ。
ミラーマッチアップは言うなれば糞ゲーだ。
運がものをいい、構築センスが反映されない以上、不毛なゲームとなる。

「いや待て、例えば黒単同型は糞ゲーではない」
そういう方もいるだろう。
黒単などの複雑なデッキは読み合いが発生し、100%ミスをしないプレイヤーはいないであろう。
100%に近づく為には、途方もないプレイングの研鑽が必要になる。
そうしたプレイングが如実に出るマッチアップを糞ゲーと切り捨てるのは筆者の本意ではない。
ただ、今回はプレイングを切り捨てた構築的有利不利という観点からアプローチしていきたい。

構築的有利になる為の必須条件とは

それはミラーマッチを作らないこと。
つまり現状トップメタにないデッキをトーナメントに持ち込む事だ。
それこそがローグ使い達が正当性を主張できる唯一の理由だ。

いわばローグはロマンなのだ。

地上最強を目指して何が悪い!男として生まれたからには 
誰だって一度は地上最強を志すッ 
地上最強など一瞬たりとも夢見たことがないッッ 
そんな男は一人としてこの世に存在しないッッ 

決してお金がないからトップメタが組めないとかそんな理由では断じてないと思う。

問題はデッキパワーが足りなくて大抵は弱い、自分が組んだオリジナルデッキという事に酔いしれて実際よりも課題評価してしまうという事だろう。
クソデッキをトーナメントに持ち込まない為にもローグで出るときは周りの信用できるプレイヤーに評価してもらおう。

結論

トーナメントシーンに持ち込んで理論上強いデッキは以下の2つ
  • 現状のトップメタの中で1番有利がついて同型戦がプレイングの差がつきやすいマッチアップとなるデッキ
  • トップメタに対し有利がつき、そもそもミラーマッチが存在しないローグデッキ

追記

ローグデッキに対するトーナメントプレイヤーの当たりって強いよね。
調整の段階で持ち込まれるとやっぱ相手してる方は時間の無駄感が半端ない。
ローグプレイヤーは調整に付き合ってくれるプレイヤーに感謝しなければいけない事を忘れちゃいけないんだよなぁ。

全てのローグプレイヤーの代弁としてここでお礼を述べたい。
ありがとう!!

ローグプレイヤーは最強を夢見ちゃってる人種なんだ、生暖かい目で見守ってほしい。
ベストはローグプレイヤー同士で半々で調整する事なんだけどね。