ループデッキを使うものの宿命

*今日のブログは死ぬほど雑です。筆者はほとんど寝てなくてただいま頭がアーパーです。 みなさんはループデッキを使ったことがあるだろうか? ループデッキを使うものには宿命がある。 それはデュエ祭りで意気揚々とループデッキを持ち込むと子供に暴言を吐…

トーナメントプレイヤー入門

はじめに TCGは初心者を抜けるとどうしても勝ちたいという気持ちが出てくると思います。 勝利というものは努力や実力というものを結果として目に見える形で押しとどめてくれるものだと個人的には考えています。 csや大会などで勝ちにこだわったこうしたプレ…

GP2ndへ向けて「現環境有力デッキの種類とTierリスト」

GPが近くなってきたため周りのプレイヤーとGPの環境について話をする機会が多くなってきた。 自分なりのまとめをここに書いておこうと思う。 トーナメントフォーマット GPをどうやって攻略していくか デッキ選択のポイント Tierリスト 現環境有力デッキ まと…

3つのアグレッシブと2つのパッシブ

デュエルマスターズを分類、つまりカテゴライズするのが私は好きだ。 過去何度もいろいろなものを分類してきた。 その最たるものは第一回の記事でもあるアーキタイプだ。 keeley-dm.hatenadiary.jp アーキタイプはカードプールに流されず、どのような方向性…

マークロループの特徴とその対処法

今日紹介するのはこちら マークロループ。 このデッキタイプの名前はみんな聞いたことがあると思う。 でも回したことのある人や正確に対処法がわかる人って少ないと思うんだよね。 なのでその特徴とトーナメントで当たった時の対処法を主なデッキタイプごと…

keeley語録解説【アセスメント】

アセスメントとは ビジネス用語で 情報を収集・分析し、解決すべき課題を把握すること。 こんばんは。 横文字が嫌いな人が多いみたいだけど俺はバンバン使っていくよ。 その理由を一応考えてみたんだけど、日本語っていうのは日本人が日常生活で使うものだか…

GPで強いと思うデッキ

公式主催の超大型トーナメント GP2ndが今月末にいよいよ開催される。 全国2000人の頂点が決定されるわけだ。これを読んでくれている人の中に出場する人もたくさんいると思う。そこでGP攻略のためのヒントをここに書いておこうと思う。(参考にするか、聞…

dmの記事の需要はどこにあるのか?

最近はなぜかブログブームのようで記事を書く人が増えてきたように思う。 しかし、語られる内容は様々であり、僕と同じように書き慣れていない人が多いような気もする。そういう人は多分何を書いていいかわからなくて長続きしないパターンに入ると思うので…

パソコンを買った

うはははは!!!!ついにパソコンを買ったぞ!!! 携帯のぽちぽちから解放されて俺の気分が有頂天。 なんでもできるような気がしてきた。 今日はdmの記事なんか書かないぞ!! 期待してきた奴らは残念だったな! 何書こうかな〜?どうしようかな〜? そう…

イニシアティブを取っていくメリット

イニシアティブ【initiative】 1 物事を率先してすること。首唱。先導。「日本の―で国際会議をすすめる」 2 主導権。「業界で―を発揮する」「交渉の―を取る」 こんばんは。みなさんゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか? 私個人としては、…

ブラフについて

ブラフについて知りたいという人がいたのでまず始めに断っておきたいのがブラフと三味線は別物だ。使いもしない超次元ブラフを見せあって「同型戦ですね」とか対戦前に言う入ってもいないのに対戦中に「アポカリプスデイ踏め!!」とか発言するトーナメント…

効率的なカードの整理法

こんにちわ、keeleyです。「みんながどうやってカード整理をしているか気になる」というツイートが流れてきて自分も気になったので、今日は自分の整理法を書いて見て改善点がないか考えてみたいと思います。大別して3つに分類する私はまず大きく分けて3つの…

個人的に4月を振り返って

こんにちわ、keeleyです。 今日は個人的に4月を振り返っての反省などをしてみたいと思います。 個人プレイヤーとして まず初めにこの4月はdmをプレイヤーとしてリスタートを目標に始めました。 きっかけは四月の上旬のハチ公CSでチーム戦に出たことです…

dmで自分がよく使う用語

keeley 建設的な議論のためには言葉が必要である。 過去のエントリーではアーキタイプについて定義しなおし、分類することを試みた。 今回はなお、広い範囲での言葉を定義していく。 (あくまでここに記載される言葉は、私が定義したものですでに使われてい…

一発芸解説記事 ゲスト ハマチさん

初めまして、ハマチと申します。 1ヶ月半程前に開催された仙台cs一発芸大会にて優勝したのでその時の芸の解説をしたいと思います。拙い文章になりますがよろしくお願いします。 今回使用した一発芸がこちら 僕「同じ魚なので、コイキングのモノマネをしま…

青黒ハンデス

どうも初めましてTIGHTです。文書くの得意じゃないんで定期更新したりはしないですけど気分が向いたらこのブログで記事を書こうと思います!よろしくお願いします!! 今回はちょっとネタ的な解説記事を書いたよ!楽しんで読んでね!! デッキ名 俺だけがマ…

【提案】ブログのタグについて【dmブログを書いている方へ】

こんにちは、keeleyです。今日は個人でdmブログを持っている方に提案があります。ブログに統一タグをつけませんか?具体的には→ #dm_blog理由dmの個人ブログはtwitterでの拡散を通じて読まれているのが現状です。フォロワー数の多い方は良質な記事を書けばフ…

このブログのミッションステートメント

このブログの目指すところが見えにくくなってきたため、ミッションステートメントを改めて明文化しようと思う。ミッションステートメントアカデミックな議論形成の場としての機能を保ち、dmを通じた人格形成の一助となる。アカデミックな議論形成の場として…

クソデッキ限定戦

おらお前ら新しいフォーマットの時間だ!!!昨日小学生がバラバラのデッキ使っててこんな時代あったなー。楽しかったなー。とか思ってフォーマット組んでしまったので投げます。調整は誰かに任せた。各カード2枚まで殿堂カードは通常準拠スーパーレア3、ベ…

新規カードゲームの上達プロセス

keeley 久々に新しいカードゲームを始めたのでそのカードゲームのいわゆる感覚獲得のプロセスを書き残しておこうと思う。 ラストクロニクルというカードゲームなのだが新鮮な気持ちで遊んでいるのでとても面白い。 今これを読んでいる人が何か新しいカードゲ…

エイプリールフール記事

この度中野のメンバーを中心にチーム ヘルペンタゴンを発足する事になりました。チーム名の由来は打倒ヘヴンズダイスを掲げヘヴンズ→ヘルダイス→立方体→四角→五角形→ペンタゴンと名前負けしない様にとの願いが込められています。メンバーはTIGHTデッキを1つ…

【身内向け】dmモダンやりませんか?

今の環境直感的に楽しいと思えるデッキが少ないのでマジックのモダンに当たるルールを考えて見ました。レギュレーション:あの頃 に近いかもしれません。デュエマの禁止が多すぎるので殿堂を制定し直します。以下禁止ボルバルザークキングアルカディアスヘル…

きーりぃタワー解説

用意するもの各2枚ずつラクルスタボルメテウスブラックイーサンメインデッキ(150枚〜200枚)ルール盾は無いプレイヤーアタックをするとブレイク枚数分、山札から一枚ずつ引く。トリガーは使える。手札が10枚以上ある時にプレイヤーアタックを貰うと負け。墓地…

強く見せる人、弱く見せる人

人間は誰でも自分の理想のプレイヤー像を持っており、無意識的にそれに近づこうとする傾向があります。例えば、マナーがいいとか、プレイが迅速かつ正確であるといった感じですね。今日のエントリーでは実際の実力よりも強そうに見えてしまう人、弱そうにみ…

仙台csメタゲームブレイクダウン

正直得意じゃないけどざっくばらんに。まず環境分布ホームページのデータを元に適当にレッドゾーン系統 24.6%アナカラーデッゾ 24.0%刃鬼 9.8%モルネク 9.3%青黒ハンデス 6.6%5%以下のその他のデッキ 24.7%tier1環境トップはred zoneとアナカラーデッドゾー…

デッキを作るという作業

私は弱小ビルダーなのだが、それでも私が経験してきたことが少しでも、これからビルダーとしての一歩を歩んでみたいという人の一助になると信じて今回筆を取った次第である。今日お話しする内容は環境に合わせた勝てるビルディングでは無い。もっと広義的で…

大型トーナメントが終わった後にすべき事

CSなど大型トーナメントが終わった後にすべき事は何だろうか?そんな事は改めて言うまでもなく1つしかない。まず、旨い飯を食え!!結果の是非によらず、お互いの健闘を讃え、1日使い切った脳と肉体に活力を補充するのだ!肉は良い!腹ペコ状態でかぶりつく…

カードの反りについて

デュエルマスターズのカードは比較的薄い紙にしっかりとしたホイル加工をしているので、湿気によって曲がりやすい。特にスリーブを多重掛けしない場合は、目で見て分かるケースも多く、わざわざその為に多重掛けしている人もいると思う。カジュアルシーンで…

red zoneに反旗を翻す

発売前、本当に強いのかとさえ噂されたそのカードは、トップメタにとてつもない衝撃を与えた。ドキンダムこのカード1枚によってred zoneは大幅強化され、栄誉あるtier1の単独奪取に成功したのだ。以来CSで傍若無人に暴れ続け、今日に至るのである。しかし、…

シャッフルの仕方について

なんか話題になってるので自分の所見まずシャッフルの仕方についてディールシャッフルいわゆる8つ切り、7切り。ソートされたカードを切り離す為にはいいかもしれないが移動にランダム性を伴わないため、やっても一回。2回以上は時間の無駄。枚数確認のために…