読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猿でもわかるモルトNEXTプレイガイド・続

TIGHT

真面目にやります()

f:id:keeley_dm:20170510134725p:plain

 

vsモルトNEXT

同系では常に最速でNEXTハートバーンすることを目標にします。

バトライ閣を出してトリガーをケアしようとしてる人がいますが意味ないです。

バトライ閣を出して返したターンにNEXT ハートバーンされて負けるのは最高にくだらないので先に走って勝ちましょう(踏んで負けてもそれは割り切りです)。

スクチェンから永遠リュウを出すプレイは非常に強いので積極的に狙っていきましょう。

相手は永遠リュウを処理するのに必ず1ターン使うので即座に盾を割られて負けることが無くなります。

処理されなかった場合はそのままドラゴンで盤面を固めましょう。

 

vs猿ループ

これもハートバーンを優先させる対面です。

サソリスと違い受けに回せる枠が少なく入っていてもプレイされない可能性が高いです。

中途半端にブレイクして手札を与えるのは負けに繋がるので盤面を処理するかワンショットを狙うかしましょう。

スクチェンNEXTグリージーホーンでアンタップされているクリーチャーのみで構成されている盤面も捌くことができるので頭に入れておきましょう。

ミツルギが最も有効に働く対面なのでしっかりキープしましょう。

 

vsダイスベガスバスター

走られると厳しい対面なので出来るだけはやくNEXT・モルト覇にアクセスします。

相手の場にサイコロがなくマナが5枚なかったり5色揃ってなかったりしてデブラが無い場合にはNEXTハートバーンで積極的にワンショットを狙っていきます。

モルト覇からはジュダイオウを出すことでウララーやレティーシャが殴れなくなりワンショットされなくなります。

サイコロガロウズの受けを乗り越えるにはどうしても横に展開しなくてはならないのでバトライ閣でお祈りしましょう。

 

vsジョーカーズ

どうしても速度で負けてしまうので仕方なくハートバーンすることになる対面ですがだいたいそういう時は通りません()

相手の出だしが遅れてこちらに主導権が回ってきた場合は盤面処理を意識しながら永遠リュウで蓋をしましょう。

バイナラ+クロックの同時トリガー等のケアできない場合を除いてできるだけ単体トリガーはケアできるようにしましょう(ホーリー採用の場合はNEXTからガイハートをプレイする等)。

 

vsロージアダンテ

バトライ閣が最も必要とされる対面です。

スクチェンNEXTバトライ閣からドラゴンを捲った場合そのターン中にバトライ武神が殴れなくなったとしても龍解しましょう。

バトライ閣のままにした場合相手の型が青白であればスーパーエターナルスパーク、ドロマーであればテック団破壊goが裏目になり後続が作れなくなる可能性があります。

バトライ武神になってしまえばカーネルかホワイティでしか止めることができないので相手の動きを大きく制限させることができます。

バトライ武神から展開したらレジェンドドギラゴン等で盤面を処理した後永遠リュウで蓋をしましょう。

モルト覇からはエンドレスヘブンを最優先でプレイし主導権を握りましょう。

 

vs赤黒ドルマ

ロージアダンテ同様横展開に弱いので積極的にバトライ閣でドラゴンを捲りましょう。

序盤はタイガニトロ対策で永遠リュウリュウセイジアースをキープしましょう。

トリガーから打点が出るとカウンターで負けることがあるのでしっかり盤面を処理して盾を割りましょう。

モルト覇からジュダイオウを出すことでデッドの進化元SAを封殺できるので最優先でプレイしましょう。


vsハンデス

火の子4枚入れてるよな?

4枚入れてあるなら余裕の対面なので心配することはありません。

マナを早期に伸ばしてトップから有効札を引くプランかノーチャージ火の子でハンドに有効札を抱えつつ少し遅めに動くかの選択になります。

ドロマーであることが分かった場合は墳墓を意識してマナのかぶりを減らしましょう。

NEXTからはバトライ閣をプレイして横展開を意識します。

モルト覇からはエンドレスヘブンをプレイしネバーエンドを作りにいきましょう。



以上です。

これくらいなら猿でも理解してくれるでしょう(?)




 



追記

わざわざブロクで書くほどの内容じゃねぇ


猿でもわかるモルトNEXTプレイガイド

vs モルトNEXT

心(心が走りたがってるんだ)

vs 猿

心(サンナップ型の場合)
閣(ナッツ型で返しのターンでループ入られないことが分かっていてかつハンドに後続がある場合)

vs ジョーカーズ

心(どうせ踏む)
閣(余裕があればここから永遠捲る)

vs ドギラゴン剣

心(サイコロが無くデブが出ない時)
閣(サイコロがあるかデブが出る時)

vs ロージアダンテ

閣(龍解し得)

vs 赤黒ドルマ

閣(龍解し得)

vs ハンデス

閣(龍解し得)





追記
ごめんなさい

対面勝率検証ってみんなどうやってるの?

今回はメモ書き程度に

 

tips

検証方法

・1セット40戦

(先行後攻入れ替え×デッキ入れ替え)

・リストは互いに公開

・検証前に互いに十分な理解、練習ができていることを相互で確認

(同レベルの理解、できればベストプレイ)

・ヒューマンエラーである明らかなプレミをした場合は巻き戻し、もしくはノーゲーム

 

続きを読む

ヘルペンタゴン結成1周年記念 第3回へるぺたCS決勝カバレージ

第3回へるぺたCS決勝 カバレージ


TGHT(青黒ハンデス) vs taisei(白単ヘブンズ)

 

 

 春一番が到来したこの日、第3回へるぺたCSが開催されたここ筑前ハウスもまた大荒れに荒れていた。
 
 環境二大巨頭と思われたジョーカーズ、モルトNEXTが早々に脱落。ベスト8が全て違うデッキタイプという群雄割拠の状況の中、青黒ハンデスの申し子TIGHTは幾多の死線を潜り抜け決勝へと進出。特に準決勝の対ドロマー戦はマッチゲームにもつれ込む激闘となったが、残り時間数秒で放った《ヴォルグ・サンダー》が相手の山札を削りきり、勝利。
 デッキの性質上常に鍔迫り合いとなりミスの許されない中、脅威の集中力で勝ち上がってきたことは称賛すべきだろう。 
 
 一方相対するtaiseiもまた、バスターとの際どい試合を勝ちきり、決勝進出。
 白単ヘブンズというデッキもまた難しい。女の子の扱いくらい難しい。これを使いこなすtaiseiは相当の手練なのだろう。
 
 卓に着いた両者はTwitterでそれぞれを煽り合い、互いのここまでの健闘を称え合う。
 
 ルールは明快。1本先取のデスマッチ。勝ったほうが強い。
 
 やがてヘッドジャッジ東條(デュエマ引退中)の開始の合図で、試合が始まった。
 
―――――――――
 
 先攻 TIGHT
 
 
 是が非でも後手が欲しいTIGHT。
 
「グーとチョキぶつけたくね?」

 0ターン目からtaiseiに揺さぶりを掛けていく。

「ドン(TIGHTの愛称)はこえーよ」
 ここは軽くいなしたtaiseiだが、じゃんけんに負けたいのは両者とも同じ。
 やがて運命を賭けたじゃんけんが始まり、7手に及ぶ激戦の末、taiseiが見事敗北。

 じゃんけんで勝利してしまったTIGHT。悔しそうに初手を見ると《アクア・ベララー》をチャージし、エンド。taiseiも初手に《ミラクル・ミラダンテ》をチャージし、ターンを返す。

 TIGHTの3ターン目、マナチャージから《コアクアンのおつかい》をプレイ。しかし捲った3枚は《エナジー・ライト》《エナジー・ライト》《ファンタズム・クラッチ》というもの。手札も増やせず2枚のドロソが落ちたTIGHTを見て、taiseiは何の躊躇いもなく「しぇい!」とガッツポーズを決める。
 動きを大きく制限されたTIGHTに対して、taiseiは悠々とチャージエンドを繰り返す。 5ターン目、TIGHTは悩みながらもノーチャージで《特攻人形ジェニー》をプレイ。

 だがTIGHTの受難は続く。
 
 ここで抜いてしまったのはなんと《提督の精霊龍ボンソワール》という最悪なもの。さらにボンソワールからボンソワールを回収されるのを見ると、
 
「いいんすか」
 
 と一言。
 taiseiは今度は無言のドヤ顔でコレに応ずる。
 
 TIGHTは6ターン目にようやく二枚目のおつかいを引くが、taiseiの準備は万全。
 返しのターン、満を持して《ヘブンズ・ゲート》をプレイ。ボンソワール、そして《歴戦の精霊龍カイザルバーラ》が天より舞い降りる。歴戦のドラゴンは《龍覇セイントローズ》を呼び出し、、《真聖教会エンドレス・ヘブン》を建設。
 既に盤上にいたボンソワールは攻撃を開始。盾を1枚破るとターンエンド。条件を満たしたエンドレスヘブンが龍解、《真・天命王ネバーエンド》が姿を現し、一部からクスクス笑いが発生する。
 
 さて、TIGHTである。
 もっとも、このネバーエンドを退かす手段は残されていない。
 自らの二枚のハンドを見るTIGHT。

 タッチ、タッチ、リバイヴ、リバイヴ、ベララー。
 ……。
 
「撤収かね」
 
 TIGHTは速やかに場を片付け始めた。
 
 TIGHT 0-1 taisei
 
 taisei、強力ドラグハートの力で見事勝利!
 
 
 
―――――――――

 見事優勝を飾ったtaisei。
 優勝インタビューに答え、ファンに手を振り、割れんばかりの拍手に応ずる。
 
 だが、これでは終わらなかった。
 
 するすると近付く東條(デュエマ引退中)。
 
 その東條(デュエマ引退中)の手に握られた看板には「ド ッ キ リ」の文字。
 
 日付を見ると、4月1日。
 
 そう、今日はエイプリルフールなのである。
 
 エイプリルフールなのである。
 
 
 
 かくして断末魔とともにドッキリ看板と2ショットを決めたtaiseiであるが、その話はまた来年へ持ち越すとしよう。
 
 
 
 Writter:レイモン・ド・ユーイ

 
 

ヘルペンタゴン結成1周年記念 リーダーからの言葉

リーダーのハザマより、結成1周年に寄せて

 

 

 

ヘルペンタゴン結成1周年記念 関連年表

ヘルペンタゴン1周年 関連年表

 

2016年

4/1 ヘルペンタゴン発足

4/2 ヘルペンタゴン解散を宣言

4/9 アイドルまっきち、新曲「ラス盾吸い込むナウ」を発表。「フライング銀河」と同時発売。※現在絶版

 

この頃よりハマチの大群が北上を始める

 

6月 浪人生がデアリバスターの開発に着手

下旬に完成

 

8/28 静岡CSチーム戦が開催

ハザマ、ヘルペンタゴンリーダーに就任

 

この頃、横浜CSの動画に左キモすぎのコメントがつく

 

9/27 taisei、ヘブンズダイスに加入。同日開催された裏切り者を追い出す会にて多数の暖かい罵声が浴びせられる

 

プリーストハザマ、誕生

 

10/1 第2回へるぺたCS開催

チームヘブンズダイスにトップ4を独占される

taiseiは予選落ち


10/17   アイドルまっきち、「ボルドギ3枚禁断解放」をセルフカバー。ZweiLance監修。

大ヒットを記録する。

 

10/22 畳選手、ヘルペンタゴンサブリーダーに就任

 

ハンターハザマ、誕生

 

12/11 taisei、18歳の誕生日 

 

2017年

1/1 畳選手、ハナコになる

 

1/23 東條、プレステージをもってデュエマ休止宣言

この頃から東條のデュエマツイートが爆発的に増え始める

 

2/4 プレステージCS開催

taisei、れるくんがヘルペンタゴンに加入する

れるくん、加入祝いに奢る

 

この頃よりハマチの大群が南下を始める

 

3/18 アイドルまっきち、新曲「Zeroハン3枚ドルマゲぶっ飛び」を発表。

ボルドギ禁断解放が500万売り上げを突破

 

4/1  ヘルペンタゴン結成1周年

ヘルペンタゴン結成1周年記念 メンバー紹介

ヘルペンタゴンメンバー紹介

 

f:id:keeley_dm:20170327215208j:plain

 

【リーダー】

ハザマ

・主な実績

第6回静岡CSチーム2位

第1回カウンティCS主催

デブグーに燃やされる

 

・加入時の戦績

第8回静岡CSチーム戦 1-5-1

 

 第8回静岡CSにおいてハザマはTIGHT、れもんと組みチーム戦に出場。チームで48枚同型のサソリスを使った彼は抜群のリーダーシップで仲間を助け、励まし、また自らにとってはブランクがあったにも関わらず相談しながら1つのミスなくプレイをまとめ上げ、見事5敗1勝の戦績を残した。

 その実績と優れたリーダーシップを讃え、TIGHT・れもんの両名の推薦によりヘルペンタゴンのリーダーに就任することが決まったのである。

 

【サブリーダー】

畳(ハナコ)

・主な戦績

第1回GP 予選突破

第2回ミシマトイスCS準優勝

 

・加入時の戦績

第7回関東CS 1-4

 

 畳選手はデュエルマスターズのプレイヤー歴が長い。その彼が特別な思い入れを持って臨んだのが昨年10月に行われた関東CSだ。

 自身も理解の深いデアリバスターを握り、TIGHT、まっきちと共に出場。「黒が引けない」とボヤいた後に初手が黒単になるなど見事なフラグ職人っぷりも魅せ、4敗1勝。その芸術性に感嘆したTIGHTの推薦により、ヘルペンタゴンサブリーダーに着任した。

 

【エース】

taisei

・主な実績

第2回プレステージCS 優勝

おやつ2016 summer 優勝

第2回Heaven's DiceCS 優勝

 

・加入時の戦績

第4回プレステージCS 0-5

 

 「ヘブンズダイスなんかぶっ潰してやるぜぇぇぇぇ」でお馴染み、taiseiはヘブンズダイス所属のプレイヤーである。元々ヘルペンタゴンを裏切った経緯がある彼だが、復帰のキッカケは2月の第4回プレステージCS。TIGHT、ふぁらんくす、すめらぎ、ゆーびんという関東の強豪とチームを組んだ彼は、TIGHTの反対に遭いつつもVV8を使用。見事5敗0勝の成績を残した。その揺るがぬ芯の強さに心打たれたTIGHTの強い後押しにより、ヘルペンタゴンのエースとして招かれたのである。

 

【大食い】

れるくん

・主な実績

オレンジカウンティ3メガクレープ完食

三田製麺特製辛つけ麺大盛り完食

 

・加入時の戦績

第3回プレステージCS 1-5

 

 食物連鎖の頂点に立つ男ことれるくんは、第4回プレステージにまっきち、れもん、人狼、さーふぇすと共に出場。しばしばチーム戦で爆発することのある彼だったが、この日は5人48枚同型で出場。チームメイトがとんとん拍子に勝利を重ね予選突破を決める中、彼もまた5敗1勝で戦績をまとめた。

ヘルペンタゴンについては当初は加入を遠慮はしていたものの、チームメイトの強い推挙もあり最終的に入団を決断した。

 

 

※注釈※

・TIGHT:関東のプレイヤー。ヘルペンタゴン最大の被害者かつ結成における最大の功労者。

・れもん:関東のライター。ヘルペンタゴンが好き過ぎて何故か記事を書いてしまう。

・まっきち:関東のアイドル。「ボルドギ3枚禁断解放」で大ヒットを記録した。新作シングル「ZEROハン3枚ドルマゲぶっ飛び」もミリオンヒットが期待される(MVはどちらも地元の北海道で撮影された)。

人狼:結局野郎。最近別れた元カノ(デアリバスター)と復縁したらしい。

・さーふぇす:高性能ポンコツアンドロイド。すごいけどポンコツ

・ふぁらんくす:関東のルーパー。最近は出禁にならないループの開発に着手しているらしい。

・すめらぎ:関東のyoutuber。すめらぎちゃんねる登録よろしくお願いします。

・ゆーびん:手裏剣の達人。最近はハースをやってるらしい。

・Heaven's Dice:東京の立川を中心に活動するチーム。主なメンバーはまさ、◆斎藤、とあるんなど。